ツルツルで柔らかな足裏を作るために、ガサガサかかとの原因と、ケア方法の種類についてご説明します。

 

自分に合ったフットケアの方法を選ぼう

フットケアには、サロンケアと自宅でのセルフケアがあり、セルフケアには「削る」「はがす」「磨く」「保湿する」の4つの方法があります。自分に合ったフットケア方法を選びましょう。

 

急いできれいにしたいならフットケアサロン

直近にイベントがあるなど、急いで足裏をきれいにしたい場合はフットケアサロンを利用しましょう。

専門のエステティシャンが、セルフケアでは手の届かないところまでケアしてくれるので、足全体を美しくすることができます。コストはかかりますが、一気にきれいにできる点もメリットです。

サロンにもよりますが、具体的な流れは以下の通りです。

 

~フットケアサロンでの流れ~

  • フットバスで温めて角質を柔らかくする。
  • 爪をカットして、爪の表面のざらつきや厚みを整え、爪溝に溜まった汚れをきれいにする。
  • 専用器具を使用し、角質を除去する。
  • パックで集中保湿する。
  • リフレクソロジーでリンパを流し整える。

 

サロンによっては、アロマオイルを使ったマッサージがあったり、ジェルネイルを施してくれたりするところもあります。フットケアだけでなく、リラックスしたい方や同時にオシャレもしたい方にもおすすめです。

 

セルフケアの方法は大きく分けて4つ

セルフケアはサロンでのケアと違って、手軽にいつでも自分のペースでできるのがメリット。

しかも、コストもあまりかかりません。

ここでは、4つのセルフケア方法「削る」「はがす」「磨く」「保湿する」のメリット・デメリット、そして注意点をご紹介します。

 

削る

clean feet

角質ケアの中でももっともポピュラーなのが「削る」ケア。

やすりや軽石を使って削るだけという簡単さが人気。

今すぐ気になる角質をオフしたい人におすすめです。

 

【メリット】

  • 角質がすぐに取れるので結果がわかりやすい。
  • ケアアイテムが安く、簡単に手に入る。
  • ケアアイテムは何度も繰り返し使えるのでコスパが良い。

 

【デメリット】

  • 力加減によっては肌を傷つけてしまう。
  • 手動のケアアイテムを使うと時間がかかるので手が疲れる。
  • 皮膚の柔らかい部分は痛みを感じる場合がある。

 

【注意点】

足裏をきれいにしたいからと無理に削り過ぎてしまうと、健康な皮膚まで傷つけて炎症を起こしてしまうこともあります。皮膚が分厚くなっている部分でも、力を入れ過ぎないようにしましょう。

電動タイプのものでも、1,000~2,000円程度とリーズナブルなので、一定の力加減でケアできる電動タイプがおすすめです。

 

はがす

3はがす

最近急激に人気が出ている「はがれる」ケア。

専用のローションが入ったパックに足を浸すだけで、数週間後には古い角質がすべてクリアに。

「削る」ケアが面倒な人や、時間がかかってもきっちり角質をオフしたい人におすすめです。

 

■角質をはがすタイプのフットケアベビーフットはこちら

 

【メリット】

  • ローションの入った袋やパックに足を浸すだけなので簡単。
  • 足を浸している間はスマホやPCを使えるため効率的。(ケアに専念する必要がない)

 

【デメリット】

  • 角質がはがれきるまでに約2週間かかる。
  • 角質がはがれている間は見た目がボロボロになる。
  • 成分が肌に合わず、場合によってはかぶれたり効果を得られなかったりすることもある。

 

【注意点】

一番注意したいのが、成分が肌に合うかどうかです。

パッチテストができるタイプの商品を選び、両足ケアをする前に必ずパッチテストをして、安全性を確認しておきましょう。

また、角質がはがれ始めたら見た目が気になりますが、無理にはがしたり、保湿したりすると綺麗にはがれません。もしどうしても保湿したいという場合は、商品専用の保湿剤を使いましょう。

 

 

磨く

Beauty treatment for legs. Hand masagging feet with sea salt. Studio shot.

スクラブクリームなどでマッサージしながらできるのが「磨く」ケア。

デイリーケアとしておすすめです。


【メリット】

  • ボディケアのついでにお風呂でできる。マッサージも可能。
  • 無理に角質を削ったりはがしたりしないので、肌への負担が軽い。
  • 香りやテクスチャーの種類が豊富。

【デメリット】

  • 肌は滑らかになるもののしっかりと角質を取ることはできないため、変化がわかりにくい。

 【注意点】

「磨く」ケアを継続して行うことで、角質が溜まりにくい肌にすることはできますが、分厚くなった古い皮膚を一気に除去することはできません。

粒子が細かいタイプは角質を落とす力が弱いため、足の角質に使うなら粒子の大きいスクラブを選ぶようにしましょう。

 

保湿する

3使い方

皮膚を柔らかく保つには基本の「保湿」ケア。

他のケアと合わせて取り入れることで、足裏を乾燥から守り、皮膚が硬くなってしまう角化症を防ぐことができます。

 

【メリット】

  • 乾燥から肌を守るため、ひび割れを改善・防止することができる。
  • 保湿と同時にマッサージすることができる。
  • 皮膚の硬化を防ぐことができる。
  • クリームの香りやテクスチャーの種類が豊富。

 

【デメリット】

  • 角質をはがしやすくするものの、除去する力はほぼない。

 

【注意点】

古くなった角質を取り除きたいなら、保湿だけでは足りません。

しかし保湿は、肌を柔らかくして角質を取りやすくし、さらには新しい皮膚を健やかに保てます。他のケアと合わせて行うのがベストです。

 

足裏はすぐに角質が溜まって硬くなるため、どのケアを選んでも継続することが一番大事です。

いくつか試してみて、自分に合うケアを選びましょう。

 

 

Female medicine doctors hands filling patient medical form. Physician working with paper in hospital office room. Therapeutist sitting at working table making some paperwork. Hands holding silver pen

ケアしてもだめなら水虫など皮膚の病気かも・・・

継続的なフットケアをしても「なかなか皮膚が柔らかくならない」、もしくは「痒みがひどい」という状態なら、単に角質が溜まっているのではなく、水虫などの皮膚の病気かもしれません。

このような場合は、サロンケアもセルフケアもすぐにストップしてください。

病気のままケアを続けてしまうと、炎症を起こしてより症状を悪化させてしまう可能性があるからです。

足裏に違和感を覚えたら、皮膚科を受診し、専門医の指示を仰ぎましょう。

早めに受診をすることで病気を早く治し、肌への負担を最小限に抑えることができます。

 

 

7今後の予防のために・・・そもそもなんで角質が溜まるの?

今後の予防のために・・・そもそもなんで角質が溜まるの?

 

角質ケアをしたら予防をすることも忘れてはいけません。

正しい予防をするためには、角質が溜まる原因を知ることも重要。

足裏の角質が溜まる理由は大きく2つ、「外的刺激」と「乾燥」です。

とくに足裏は、歩くときに体重がかかったり、素足でいることで傷ついたり、紫外線の影響を受けたりと、体の中でもっとも外的刺激を受ける部分。外的刺激を受けると、自然と皮膚は刺激から守ろうと硬くなってしまいます。

足を圧迫する靴やハイヒールを履き続けることも、外的刺激を強めることになるので注意しましょう。

外的刺激の影響が強くなると、角質層のセラミドや保湿分子が減り、乾燥してひび割れを起こし、痛みを伴うこともあります。

また、角質には体内に水分を保持する役割があるため、乾燥すると水分を守ろうと角質が厚くなります。とくに乾燥しやすい冬の時期は十分に注意することが必要です。

さらには、加齢やストレスによって肌のターンオーバーが乱れると、古い角質がはがれにくくなり角化症となることがあります。

 

繰り返さないためには・・・こまめなケアでいつもつるぴか

角化症を繰り返さないために、毎日こまめなフットケアを行うことが大切です。

クリームやオイルを使ったマッサージや保湿は、疲れた足裏を癒し、乾燥を防げます。

さらに、家にいるときにはできるだけ靴下を履いて、刺激から足裏を守ると同時に乾燥しないようにしてあげると効果的。また、姿勢を正して、足の特定部分に体重がかかり過ぎないようにするのも重要です。

このようなケアを毎日続けることで、角化症を防ぎ、柔らかな足裏を維持することが可能になります。

 

A woman reclines in a bright pink skirt and fun, summery yellow sandals.

まとめ

足裏は普段見えない部分ですが、それだけにケアも怠りがちです。

角質が溜まってガチガチ・ゴワゴワになってしまった足裏は、女性としての美しさを半減させてしまいます。当サイトでご紹介したフットケアを取り入れ、美しいつるぴか素足を手に入れましょう!

RELATED

うんのさん笑顔
編集長(スキンケアアドバイザー勉強中!) うんぬん
NONPLEXを通してコンプレックスに悩む人を笑顔にしたい。カラダの悩みを解消したり、受け入れたり、いろんな形で皆さんを笑顔にすべく、お役にたてる情報をお届けします。お祭りとビールとお酒が大好きでザックリどんぶり勘定なO型。5歳の娘の子育て奮闘中!(^^)!
おすすめFacebook記事

RELATED