アイライナー、きちんと引けていますか?このページでは、意外とできていなかったりする基本の引き方と、一重・二重・奥二重などまぶたのタイプ別の引き方、アイライナーの種類ごとの引き方や、仕上げたい印象別の引き方など細かく分けて解説します!

 

 

基本のアイラインの引き方

魅力的な目元を演出するために、アイラインは不可欠。

アイラインの書き方によって目元の印象は変わりますが、上手に書くのが難しいパーツでもあります。アイラインを引くのが苦手という人もたくさんいるでしょう。

でも、どんなまぶたやアイライナーであっても、まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにラインを引くという基本の引き方をマスターしておけば、失敗することなくキレイな目元をつくることができます。

まず、基本のアイラインの引き方についてチェックしていきましょう。

 

アイラインを引く場所

アイラインを引く場所は、まつ毛からまぶた方向に3mm程度の間です。まつ毛とまつ毛の隙間を埋めるような感覚で引いていきます。まつ毛から離れてラインを引くと、不自然な上に、ケバイ印象になるので注意しましょう。

また、アイライナーのテクニックとして、「粘膜にラインを引く」方法があります。
この方法は、目に立体感を出すことができるため、目元を強調することができます。「インラインメイク」とも呼ばれていますね。しかし安全面で考えると、インラインメイクはおすすめできません。薬剤や色素が体内に入り、痛みを感じたり炎症を起こしたりする可能性があるため、粘膜へのメイクは危険です。粘膜は避け、まつ毛の生え際にアイラインを引くように心がけましょう。

 

Makeup concept, Closeup asian woman applying eyeliner on eye

アイラインを引く手順

アイラインを上手に引くのは、実はそれほど難しくはありません。基本は以下の5ステップを押さえておけばOKです。

 

  1. まぶたを上に引っ張り、まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにアイラインを引く。
    まつ毛の上を一本で引いてしまうのはNG。ラインと目の間に隙間が発生し、いかにも無理にアイラインを引いた、という不自然感が出てしまうからです。少しずつ丁寧に引きましょう。この時、まつ毛が邪魔にならないよう、アイライナーを持っていない方の手で、まぶたを上に引き上げるのがポイントです。

 

  1. まぶたの方にはみ出た部分や濃くなりすぎた部分を綿棒で落としていく。
    綿棒で強く擦ると、にじんでしまったり、皮膚が赤くなったりしてしまうので注意しましょう。余分な箇所は優しく拭き取るようなイメージで落としてください。

 

  1. 瞳から目尻に向かってラインを整える。
    瞳から目尻のラインはもっとも目立つ部分であり、目元の印象を決める部分。1で細かくアイラインを引いた上を、なぞるようにしっかりと引いてください。ただし、あまり太く引くのはNG。アイライナーの先端を寝かせず立てたまま引くようにしましょう。

 

  1. 目尻の隙間を埋める。
    目尻の先端がやや上向きになるようにラインを引き、ペンを折り返して「く」の字になるように目尻の隙間を埋めましょう。あまり跳ね上げてアイラインを引くとシャープになりすぎるので、「やや上向き」になるようにしてください。

 

  1. 目元全体を確認し、問題がなければライン上を綿棒で引いて定着させる。
    アイラインが落ちるのを防ぐため、綿棒で抑えるようにして皮膚に密着させます。強く擦るとアイラインが落ちてしまうので、丁寧に撫でるようにするのがポイントです。

 

失敗した時の修正方法

失敗した時には焦らず、ガタガタになっている部分だけ綿棒を使ってオフしてあげましょう。綿棒だけでアイラインを落とすことができない場合は、綿棒に植物オイルを含ませ、トントンと優しく叩くように落としていきます。この時クレンジング剤を使うと、にじんでしまったり、その後に書いたアイラインが定着しなかったりするため、必ず植物オイルを使うようにしてください。

 

パンダ目を防ぐために

アイラインメイクの仕方によってはパンダ目となり、悩む方も多いのでは?でも大丈夫。パンダ目は事前に防止することができます。

にじみの原因の多くは皮脂。余分な皮脂をティッシュで拭き取ってからアイラインを引けば、にじみを抑えられます。メイク前にスキンケアをする場合、目元にはオイルや濃厚なクリームを塗らないようしましょう。また、アイラインを引く手順でもお伝えしたように、アイラインを引いた後は、皮膚に定着させるために、綿棒で押さえておくのがポイント。これだけでも、パンダ目の悩みをかなり解消できます。

 

 

まぶたのタイプ別の引き方

年齢を重ねるとまぶたに厚みが出てきたりたるんできたりして、昔のようにうまくアイラインを引くことができないもの。そこに悩む人も多いでしょう。でも、まぶたのタイプ別にアイラインの引き方を知ることで、年齢を重ねたまぶたにも上手にアイメイクすることができます。

 

一重

一重_JPEG

一重の場合は、目尻に向かってやや太めにラインを引くのがポイント。

細く引くと、まぶたにアイラインが埋まってしまうからです。目尻は少し長めに引くことで、目の横幅を出すことができ、全体的な目力アップを実現できます。ラインは一気に引いてしまうのではなく、少しずつ丁寧に引くことで、ガタガタになるのを防ぎましょう。

アイライナーを持っていない方の手でしっかりとまぶたを引き上げてアイラインを引き、引いた後もしばらくそのままにしておくのが重要です。一重まぶたは重みがあるため、すぐに手を放してしまうと、アイラインと上まぶたが重なってしまい、にじみの原因に。アイライナーをしっかりと乾かしてから手を放すようにしてください。

 

二重

二重_JPEG

二重の場合は、まつ毛の際(きわ)に沿って細いラインを引きましょう。

二重まぶたは、もともと目が大きく見える印象があるため、太いラインを引いてしまうとナチュラルさがなくなり、メイクが濃い印象に。目尻もあまり長くしない方が良いでしょう。

どうしても目力を強くしたい場合は、瞳の上部分のみ太くラインを引いてください。そうすることで、ギャルメイク風にならずに瞳を大きく強調することができます。

アイラインがガタガタになった場合は、はみ出た部分だけ綿棒でオフし、アイラインの上からアイシャドウを重ねてぼかしましょう。

 

奥二重

奥二重

奥二重の場合は、まつ毛の間を埋めるようにアイラインを引いた後、その真上を細いラインでハッキリと引くのがポイントです。奥二重はまぶたの幅が狭いため、太めのアイラインを引いてしまうとせっかくの二重が埋もれてしまいます。また、にじみやすくなるので注意しましょう。細くシャープなラインを引くことで、二重を際立たせ、目元を引き締めることができます。

目力を強調させたい場合は、濃い黒のアイライナーを使いましょう。

 

 

Different kinds of eyeliners

アイライナーの種類ごとの特徴と引き方

アイライナーには「リキッド」「ペンシル」「ジェル」「パウダー」の4種類あります。
それぞれの特徴や引き方のポイント、まぶたのタイプ別にどれが向いているかを把握し、自分に合った理想的なアイメイクを見つけましょう。

 

リキッドアイライナー

くっきりハッキリとしたラインを引くのに適しているのがリキッドアイライナー
ペン先が細く、筆のようになっているため、繊細なラインを引くことができます。目頭から一気に目尻にかけて引くのではなく、まずは瞳の上から目尻へ、仕上げに目頭から瞳の上に向かって引くようにするのが美しい目元をつくるポイントです。

一重の人は、リキッドアイライナーを使うことで、より洗練された目元にできるためおすすめです。

また、奥二重を際立たせるためにもリキッドアイライナーは良いでしょう。

二重の人は、リキッドアイライナーを使うと、くっきりしすぎてしまいがちなので、パウダーでぼかすようにして仕上げましょう。

 

■水・汗で落ちない、シンクロ基準のアイライナーリフレクトコスメアイライナーはこちら

ペンシルアイライナー

鉛筆のように使うことができるペンシルタイプは、アイライン初心者さんにおすすめ。芯があるため書きやすく、失敗しても落としやすいのがメリット。デッサンをするように少しずつ線を引いていくと、上手に仕上げることができます。

ただ、ハッキリした目元にするには適していないため、一重や奥二重には向いていません。

 

ジェルアイライナー

マーカーで引いたようなくっきりした太いラインを引くにはぴったり。一重まぶたをシャープな印象にするのにもっとも適しています。目力をアップさせるために、瞳の上のラインに使うのもおすすめです。

ジェルアイライナーは重ね書きをするとラインが濃くなりすぎるため、一度でキレイなラインが引けるよう、何度か練習してから使うと良いでしょう。また、直接まぶたにジェルアイライナーを使ってラインを引くのではなく、一度アイシャドウを乗せてから引くと、にじみを防止することができます。

 

パウダーアイライナー

アイシャドウ感覚で使いやすいパウダーは、二重の目元をナチュラルに仕上げるのにぴったりです。

また、ブラックやブラウンではなく、レッドやパープルなどのカラーアイラインにチャレンジしたい時にもおすすめ。奇抜な印象にならずにポイントカラーを楽しむことができます。

まつ毛の間を埋めるというよりも、アイシャドウと同じようにふんわり乗せるのがポイントです。

 

まぶたのタイプによって、向いているアイライナーは異なります。一度試してみて、使い心地や仕上がりが自分に合うものを選びましょう。

 

 

求める仕上がり別の引き方

求める仕上がり別の引き方

アイラインの引き方やアイテムごとの特徴が把握できたら、なりたい目元に仕上げるためのテクニックを覚えましょう!アイラインだけでも、理想の顔や印象に近づけることができます。

 

ナチュラル

ナチュラルな目元に仕上げたいなら、使うのはペンシルアイライナーやリキッドアイライナーと、パウダーアイライナー。

  1. まずはペンシルかリキッドでまつ毛とまつ毛の間を埋めていきます。
  2. 目に奥行きが生まれたら、最後はパウダーを使って、引いたアイラインの上をなぞってぼかします。

目元を引き締めて見せたい場合はブラック、よりナチュラルに見せたい場合はブラウンやベージュを使うようにしましょう。

 

デカ目

「目を大きく目立たせたい」「目が小さいことがコンプレックス」という人は、リキッドアイライナーとジェルアイライナーを使いましょう。

  1. リキッドの筆先を利用して、粘膜ギリギリの目のフチを完璧に埋めていきます。
  2. 隙間がなくなったら、瞳の上にジェルを乗せます。
  3. 目尻の部分はリキッドを使って「くの字」を描き、さらに隙間を埋めます。

目全体をリキッドアイライナーやジェルアイライナーで囲ってしまうと、却って目が小さく見えてしまいます。そのため、下まぶたにはラインを入れないのがポイント。

 

たれ目

柔らかく可愛らしい印象に見せたいなら、たれ目メイクです。

  1. たれ目に見せるには、ペンシルアイライナーでまつ毛の間を埋めます。
  2. リキッドアイライナーを使って瞳の上から下方向に緩やかなカーブを引いていきます。

目尻は少し長めにラインを引くのがポイント。目尻のラインが太すぎると不自然に見えるため、できるだけ細いラインにしましょう。

引いた後に、パウダーで少しぼかすとナチュラルな印象になります。

 

まとめ

アイラインは、目元を美しく印象的に見せるのに、重要なポイントになります。

ここで紹介したように、まぶたのタイプやなりたい仕上がりに合わせてアイメイクすることで、理想の目元に。また、年齢を重ねてまぶたがたるんできても、アイラインを上手に引くコツを知っておけば、魅力的な目元に仕上げることができます。ぜひ自分に合うアイラインのテクニックをマスターしましょう!

 

RELATED

RELATED