「なんとなく」で眉メイクを済ませていませんか?眉は印象を大きく左右するパーツ。眉毛ひとつで老け顔にも、あか抜けない印象にもなります。年齢に合ったナチュラルな眉毛美人になるための、基本のアイブロウの書き方として4つのポイント、①眉毛の整え方、②基本の書き方、③色の選び方、④眉の形の選び方を解説します。

 

 

美人眉毛のベースを作ろう!眉毛の整え方

眉毛は顔の印象を決定づける最も重要な部分と言われています。前髪で眉毛は隠れてしまうからと、適当に整えてしまう方も多いのでは?また、眉毛は整え方を間違えると「老け顔」にもなります。少し大きめの鏡などを使って顔全体のバランスを見ながら、丁寧に整えるようにしましょう。ここでは、若々しい美人眉毛を作るための整え方をお伝えします。

 

毛の流れを整える

眉毛は垂直に生えている毛もあれば、横に流れて生えている毛もあります。そのままの状態でお手入れをしてしまうと、一部の毛を切りすぎてしまい、眉全体の濃さにムラが出てしまいます。眉専用コームを使って、丁寧に流れを整えてください。

 

アウトラインを確認する

一般的に、1、眉頭は小鼻の一直線上に、2、眉山は小鼻から黒目外側のラインの延長線上に、3、眉尻は目尻と小鼻を結んだ一直線の延長線上に書きましょう。これが理想のバランスとされています。

眉尻を長くしている女性も多いですが、長すぎる眉毛は老け顔の印象に。理想形のポイントを意識しながら、アイブロウでアウトラインを書きます。アウトラインを書かずにカットしてしまうと、バランスの悪い眉毛になるので注意しましょう。

Основные RGB

不要な部分のカット

いよいよ眉のカットです。

眉のカットは難しいと思う人も多いようですが、理想形通りにアウトラインを書けばあとは簡単。アウトラインからはみ出た部分をカットするだけです。眉毛の長さを揃えることばかり意識してカットすると、ナチュラル感のない不自然な眉毛になってしまうので注意しましょう。アウトライン外なら、ある程度大雑把にカットしても問題ありません。

 

美人眉毛のベース作りは、この3ステップで完了です。眉毛を整えてカットするだけでも、顔の印象が若々しくなったはず!さて、次は美人眉毛を完成さえるための眉メイクについてチェックしていきましょう。

 

アイテムを使う順番って知ってる?基本の描き方

「眉メイクはペンシルだけ」という方も多いのでは?ペンシルだけでも眉を書くことはできますが、複数のアイテムを上手に使えば、もっとナチュラルで立体感のある美人眉毛に仕上げることができます。また、力を入れずに書くこともポイントです。上手に眉メイクをするためのアイテムやその使用方法をしっかり押さえましょう。

 

抜きすぎ・剃りすぎ・短すぎの眉には毛を足して

4抜きすぎ・剃りすぎ・短すぎの眉には毛を足して

細眉が流行った時代を経験している女性にとって悩みとなるのが、抜きすぎて毛が少なくなった眉毛。もともとの眉毛の形がわからなくなってしまっている方も多いのでは?

そんな方には、ファイバーアイブロウを使って毛を足すことをおすすめします。ファイバーがまるで元からあった毛のように見えるため、メイクして作った眉毛ではない、自然な眉毛を演出することができます。

眉カットを失敗した方や、怪我で眉毛が生えなくなった方にもおすすめです。

 

■眉毛の付けたしにFix! Fiber for eyebrow

 

アイブロウペンシル

1_ペンシル

眉メイクの基本となるのがアイブロウペンシル。恐らくほとんどの女性が眉メイクに使っていることでしょう。

でも、眉毛のラインをくっきり書いているなら今すぐストップ!

アイブロウペンシルは力を入れてしっかり書いてしまうと、色が皮膚に付着しやすくぼかしにくいため、ナチュラル感のない「時代遅れな眉毛」に…。アイブロウペンシルを使うときは、眉毛全体をペンシルで書いてしまうのではなく、毛の1本1本を意識して、足りない部分のみを書き足すのがポイントです。眉と目の間に距離があると老け顔になってしまうため、眉毛の下部分は多めに書き足すようにしましょう。

 

眉毛の薄い人はリキッドアイブロウがおすすめ

2_リキッド

自眉毛が薄い場合は、アイブロウペンシルよりも筆先が細いリキッドアイブロウがおすすめです。よりナチュラルに仕上げることができます。また、眉メイクアイテムの中でも特に色持ちが良いため、メイクの落ちやすい眉尻に使うのも良いでしょう。

ただ、逆に色が落ちづらく修正するのが難しいため、使うときは集中して。

眉毛と同色もしくは眉毛より濃いリキッドアイブロウを使うと、書き足した感が出てとても不自然になります。眉毛より薄い色のリキッドアイブロウを使って、力を入れすぎず、細かく色を乗せていくように書きましょう。

 

アイブロウパウダー

3_アイブロウパウダー

アイブロウパウダーは自然な眉毛を作るための必須アイテムです。毛量を調整した後、まずはペンシルで眉全体を整えていきます。次に眉頭から眉尻に向かって、パウダーをフワッと乗せていくように書くのがポイント。眉頭に多くパウダーを乗せてしまうと、老け印象になるため注意しましょう。全体的に眉色の濃さが均一になるよう調整しながら書いてください。

 

アイブロウマスカラ

4_マスカラ

眉メイクの仕上げはアイブロウマスカラ。ペンシルとパウダーで整えただけでも、現代風の美人眉毛にかなり近づきます。でもそのままでは、元の眉毛の色が残ってまだらな印象に。100%美人眉毛にするために、アイブロウマスカラを使って色を統一しましょう。同じ方向ばかりにマスカラを塗ると、色が全体的に付着しません。まずは毛流れに逆らって塗り、最後に毛流れに沿って塗るのがポイントです。

 

美人眉毛を完成させるには、このようにペンシル・リキッド・パウダー・マスカラの4アイテムを使うことが重要です。毛の少ない部分はファイバーアイブロウで毛を足して、ナチュラルな眉メイクをしましょう。

 

あなたの眉毛浮いてるかも・・・色の選び方

髪の色と眉毛の色がまったく違うと、せっかく美人眉毛を作っても、眉毛だけが浮いてしまって違和感があります。そのため、髪色に合った眉マスカラを選びましょう。ここでは、髪色別に眉マスカラをチェックしていきます。

眉の色

 

黒髪の場合

眉毛まで黒色にするととても重い印象に。特に黒々としたくっきり眉毛は昔流行ったスタイルで、年齢を感じさせてしまいます。ダークブラウンもしくはグレーを選んで、「抜け感」を作るのがポイントです。

 

赤み系ブラウンの場合

髪の色に合わせてマスカラを選んでOK。髪よりも赤みが強く出すぎないようにしましょう。また、オレンジ系の明るく軽い色を選ぶのもおすすめです。

 

アッシュ系ブラウンの場合

髪より明るい眉マスカラを選んでしまうと、せっかくの落ち着いたアッシュカラーの髪が台無しに。髪の色よりもワントーン下げたオリーブグリーンやグレーを選び、眉毛で引き締めるようにしましょう。

 

金髪などの明るい髪色の場合

イエローベースのライトブランがおすすめ。日本人の場合、眉毛まで金髪になると、瞳の色だけが浮きすぎてしまうので注意しましょう。

 

このように、髪色によって選ぶ眉色は違います。眉マスカラを選ぶときにはぜひ参考にしてみてください。

 

なりたいイメージは?眉毛の形の選び方

美人眉毛のバランスをマスターできたら、自分のなりたい雰囲気に合わせて眉の形を変えてみましょう。ただし、トレンドとかけ離れた形にしてしまうと老け顔に見えることも。顔の形によってバランスも変わるので、顔全体を見ながら似合う眉毛の形を選びましょう。

11なりたいイメージは?眉毛の形の選び方

 

アーチ眉

ゆるやかな丸いカーブが印象的なアーチ眉。ふんわりと優しく穏やかな印象を与えることができ、男性にも好印象なので人気です。丸顔や小顔の方によく似合います。

12アーチ眉

 

平行眉

オルチャンメイクで人気の平行眉。モデルや芸能人にも多いです。並行眉はナチュラルながら、アンニュイでクールな印象を与えることができます。面長の方や目の形が四角い方におすすめです。

13平行眉

まとめ

いかがでしたか?

眉毛を変えるだけで、現代風で若々しい顔の印象へ簡単に変えることができます!自分が若いときの眉毛をいつまでも続けていたら時代遅れの老け顔に。美人眉毛で顔の印象を若々しくするためにも、ここで紹介した4つのポイントを参考にしてみてください。

 

RELATED

RELATED